前向きに検討します。


by hanatareboy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

リトルノア
at 2018-11-16 08:03
エマ
at 2018-11-15 22:56
やがて君になる
at 2018-11-10 21:42
ガルダ
at 2018-11-09 22:58
手垢塗れの復讐
at 2018-11-03 22:56

最新のコメント

特に病気もしておらず、元..
by hanatareboy at 23:53
元気ですか。
by にゅうさん at 20:22
いつでも変えれそうだった..
by hanatareboy at 21:28
お名前なんてーの!
by saito at 23:54
いつの間にそんなことに ..
by クリス at 16:57

カテゴリ

全体
ゲーム
アニメ
感想
FantasyVersus
アイギス
StarCraft2
StarCraft
C9
Diablo3
FreeJack
艦これ
Godius
KRITIKA
GIGANTOMAKHIA
FEZ
RedStone
リトルノア
ToS
TEG
PSO2
鉄鬼
タルタロス
S4L
Hawken
PoE
CLOSERS
クリップ
雑記

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ:感想( 266 )

手垢塗れの復讐

 2作目の堕天使はやってない。

 今回は確実に1回しかやらねーなと思ったので、セリフは裏、ボイスは表でやった。
 なんというか、裏の声っていらなくね。美麗みたいなキャラは特に心情の描写ないほうがいろいろと良いと思うんだよ。いや、まぁなら切れよって話だけど。

 最初の子がインパクトあった。というか、金松さんだった。
 1作目は完全に花澤さくらさんが目当てだったんだけど、今回の結城ほのかさん良かったですね。なんかこうアイドルって感じがした。ふわっとしてて何言ってるか分からないと思うけど、長いことテレビのバラエティみたいなのみてないし、アイドルがぜんぜん分からんのよ。まず、そもそもアイドルってものの存在がわからないよ。ありがたがればいいの? そこらへんからだよ。

 とはいっても、アイドルの活動してるとこも少しは見せろよって思わなくもなかった。アイドル感がない。1作目はぜんぜんそんな風には思わなかったけど、たぶん今やったらそこは気になるかもしれない。

[PR]
by hanatareboy | 2018-11-03 22:56 | 感想 | Comments(0)

ろけらぶ -Location Love- 同棲×後輩

 この手のゲームはやっぱりキャラと声優との相性が5割以上なんだよ。あとは、立ち絵がそこそこで、残りは掛け合いとかBGMとかまぁ雰囲気。
 悪くはないけど、まぁ良くもないというか、キャラが普通だった。実際のところ、プレイ前の情報でヒロインは苦手なタイプの性格と設定だし、個人的な属性として、ロリ巨乳はデメリットしか感じないんで、スタートから厳しかったんですよこの作品は。
 ただ、やってみると予想してたよりは悪くはなかった。

 DL販売の普及で、低価格の分割ヒロイン単品で売っていくのは間違いじゃないと思ってるんだけども、こういうヒロイン3~4人準備して、順番に出していくのって失敗だと思う。ぶっちゃけ、1本目がヒットしない限りは緩やかに注目されずに販売本数下がっていくだけのようなそんな感じがする。もちろん宣伝や声優次第で途中で盛り返すことはあると思うけど、売れ行き次第では途中で停止になる可能性もあるから、1本目に力入れるのが当たり前なんじゃね。
 とかそのへんのことを考えると、完成させてからの分割、つまりSMEEちゃん方式が正解に近いと思うんですよ。まぁいうても、1人ずつのやるか?っていうとボクはNoですね。コンプリートパッケージあるなら迷わずにそっちにいきます。

 結論は、八千代はよってこと。

[PR]
by hanatareboy | 2018-10-31 23:22 | 感想 | Comments(0)

アエリアル・ライフ

 まぁなんというか苦手なお話。
 くすはらさん枠だった。

 これまでの経験から、ゲーム内でVRやらARやらを表現するのって難しいんじゃねって思うわけ。それこそVR専用でやれば?って思う。いや、それが正しいかどうかも楽しいかどうかも分からん。あるかもしれんけど、やったことはない。たぶん希望はない。

 やっぱりネットゲームはおまけ程度であって、SNS系統の『CURE GIRL』と『すみれ』をボクの中では完成に近い形で受け入れてしまっているからじゃないだろうか。

[PR]
by hanatareboy | 2018-10-16 21:59 | 感想 | Comments(0)

元No1落ち目風俗嬢『古儀城静(26)』に通い詰めた話。

 こういうの良い。
 いや、正直展開としてはわりかしよくある感じかもしれんけど、悪くなかった。
 プレイ後だから思うことなんだけど、会話シーンだけ男視点なのがたぶん良かった。なんというか、クドくなる傾向にある。
 だが、タイトルで想定してた内容とはかなり違ってた。オマケで作者もそれっぽいこと言ってたけど、まぁタイトルに釣られたら失敗する人もいるかもしれない。
 とりあえず、静さんの外見は最初のほうが好きです。

 今年は同人ゲームが当たりやでぇ。
 いや、正直分からん。だって気付かないの多いし、今までだって当たりの年はきっとあった。
 同人と商業そんなに分けて考えてないっていうか、低価格とかダウンロード販売とか、なんかそういう微妙な基準しかない。たぶん正式な基準でいうと流通の違いだと思うんだけど、まぁそんなに。

 上に書いたやつでいうと、やっぱ低価格というかマルチENDじゃないとこや総プレイ時間が短いのが同人ゲームっぽい印象。あとは声優というか収録そのものがプロとアマチュアみたいな。

 ぜんぜんってほどではなく本編と関係ないけど、引越しのバイトって使えないとそもそも2回目呼んでもらえないイメージあった。イメージだけ。

[PR]
by hanatareboy | 2018-10-10 00:06 | 感想 | Comments(0)

堕落ロイヤル聖処女

・シナリオ:porori
・イラスト:ぎうにう
・声優:紫乃小文

 クリア後にみても何この布陣。最強すぎる。勝利しかない。
 作品紹介のまんまだし、このスタッフ構成でもう言うことないんで、みんな楽しんでねしか言えない。

 もっと悪堕ちするかと思ってたけど、そうでもなかったし、最初からそんなに聖女というわけでもなく。まぁそのへんわりかしどうでもいいっていうか、愛のお話だった。
 つまるところ、この絵と声で「お゛っ」っていうのが素晴らしく良いわけ。強気だの清楚だのビッチだのそういうのとは何かが違うんだよ。

[PR]
by hanatareboy | 2018-09-08 00:37 | 感想 | Comments(0)

未来ラジオと人工鳩

 水雪のヘアピンの茶って文字何だよ。ちゃんこんくんより主張してるわ。気になって仕方ないわ。
 これについては声を大にして主張しておきたかったんでね、最初に書いておきます。
 水雪のしゃべり方は『CROSS†CHANNEL』や『最果てのイマ』の頃の田中ロミオさんのヒロインみたいな印象あった。嫌いじゃない。
 ていうか、ちんちん言い過ぎじゃね?
 まぁあれよな。ちゃんこんくんの見た目のせいかもしれんけど、「ちんちんじゃねぇしごっこ」が一番似合うのくすはらゆいさんの声だと思った。
 いや、春乃いろはさんが悪いわけではなくて、むしろ良かったけど、ちゃんこんくんのアヘ顔は歴代くすはらさんの汚れキャラみたいな面構えしてる。

 小倉結衣さん何かこう最近汚れキャラのイメージ強いから、あの妹の後でこれは油断できませんわって構えてた。
 でも秋奈ただただ優しい姉ちゃんだった。不自然なまでに闇がない。

 薊野教授は悪くないっていうか、良いキャラのはずだった。
 だが、声とテンションのせいかWA2のかずさが強く意識されてしまった。

 結局トゥルーのヒロインなんだよ。
 正直言って、ボクはかぐやのキャラが最初から最後まで好きではないので、こういうヒロインのためにがんばったり思い悩んだりする話はあんまり楽しくないです。
 せっかく神代岬さんをメインにもってきたのに何でこんなキャラなんだよって思った。それに比べて、水雪の良い子っぷりったらない。

 前作というか、このブランドに手を出していなかったのには、特に理由はないです。
 宣伝に力入れすぎてるからOPか共通以降はペラペラそうだなというイメージしかないので、優先することがあれば選ばないというだけです。
 プレイ後の感想としてはだいたい当ってた。まぁいうても、ボクは限界までペラッペラなのわりかし好きですからね。ご都合主義なとこを変に盛り上げたり理屈っぽくするとなんかもうだめなんだよ。そこは軽いノリでいこうぜって思う。
 あとは、普通の学園モノならカルピスでもキャラ良かったらいいけど、SFに寄ってたらそりゃ後半重視したほうがいいでしょっていうだけのことだと思う。

 キャラによって音声の位相か何かがおかしいような気がしてた。確認は別にしてない。

[PR]
by hanatareboy | 2018-09-06 22:30 | 感想 | Comments(0)

夜のひつじサウンドトラック

 Vol.1とVol.2が発売されていた。

Vol.1収録作品リスト
・孤独に効く百合
・親友が美少女になって帰ってきた。
・恋妻くずし
・義妹ホールと妹ホールド
・幼馴染と十年、夏

Vol.2収録作品リスト
・純情セックスフレンド
・女装お嬢様への異常な愛情
・妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」
・幼馴染の心が読めたらどうするか?
・好き好き大好き超管理してあげる

 作品としては、Vol.2のほうが好みの系統が揃ってるんだけど、この中ではVol.1の中の『幼馴染と十年、夏』のタイトルテーマにもなっている「十年一日」っていう曲がすげー良いんですよ。ボクと同じような趣味の人なら、聞いたら一発で名曲やこれってなるタイプの曲。いや嘘、プレイしてなかったらならんかも。分からん。
 ゲーム本体にBGM観賞モードみたいなの見た覚えがないし、曲名はこれで初めて知ったのばっかりのはずだけど、タイトルに沿ったような曲名がついてて印象がかなり良い。

 ゲームもサントラもサンプルBGMないし、だいたいピアノっぽい曲調としか説明できない。
 いいからやってこいって、な!

[PR]
by hanatareboy | 2018-09-02 20:44 | 感想 | Comments(0)

カノビッチ

 NTRとは一体。寝取られなのか寝取りなのかどっちなんだよ。
 分からないように略すなよ。内輪ネタの某なんとかさんみたいなのに近いうざさがある。ついでにいうと某っていう表現が気持ち悪い。オタクが使う「〇〇ですよこれ」とか、「〇〇ですよしかし」とかそういうのに近い気持ち悪さがある。
 ここまでぜんぜん作品に関係ねーから。

 公式サイトのコンセプト通りの作品だった。
 過去作に比べるとライト。というか、寝取られ感はない。どちらかというと主人公は実際には寝取っている。
 でも、よく見てほしい。ビッチなわけで、寝取られとか寝取りとかどうでもいい。

 「今、彼ピ3人いるの」みたいなノリが好きなんですよ。キープとか乗り換えとかそういうんじゃなくて、単純に複数いるよっていうのがもうね、びっくりする。そこについて疑問がない人種はしゅごい。いうても、彼氏と彼ピと彼ピッピとセフレの違いを考える必要が出てくるのでそこらへんは割愛。
 この理屈からいえば、舞はちゃんとしている。恋人は1人だし、恋人がいたら浮気しないというのはもうこれ普通。あんまりビッチじゃない。
 しかし、浮気とか不倫とかビッチなのかゲスなのかそこらへんどうなの。ついでに数は問題なの。ボクはどうでもいいです。

 現在編の聞かされるっていうのどうもそんなに好きじゃない。アトリエさくらでもタイトルからするとあるやつなんだけど、関心がない。これたぶん元カレの話とか元カノの話とか聞いてもねーのに話してくんじゃねーよっていう実生活の影響がないこともないと思う。誰なんだよって話。まぁ誰なのか教えてもらったところで、興味はない。聞いたそばから忘れる。

 ということでね、ボクのどうでもいいビッチ観を書いたんですけども、この作品面白いよってことでひとつ。

[PR]
by hanatareboy | 2018-08-22 22:47 | 感想 | Comments(0)

封呪姫

 最近すげーアップデートされてたので、やってみたら、やはり至高のゲーム。
 でも、結構な頻度でマイナーチェンジされてて困る。互換性はある。でもなんかこうな、個人的には追加はいいんだけど、変更あると微妙な差分でバグが出やすいんだよ。そういう星の下に生まれてるんだよ。
 というわけで、落ち着くまであんまりやりたくないと思っている。

 Unity版やってなかったから、開始のFLASH版とAIR版の読み込みをFLASH版にしたら旧データすぎてわりかしやり直し状態だった。ぐぬぬ。

[PR]
by hanatareboy | 2018-08-18 20:16 | 感想 | Comments(0)

1room -家出少女-

 『Teaching Feeling 〜奴隷との生活〜』以降このジャンルのゲームは少しやったんだけど、これだというものがなかった。重要なのはテンポだと思ってたんだけど、結局のところキャラだったんだよ。夕は、設定や性格以外にも顔つきや塗りがかなり好みだし、声も佐倉もも花さんだし、かなり文句の付け所がない。
 凄く良かったんだけど、夕がくそかわいいという以外には、ゲーム本体について、特に言うことはないし、伝えるべきこともない。それだけのゲームといえばそうなんだけど、これだけで満足できる。

 ロードが長いのが若干気になったのと、フォーカス外すと動作停止するしないの設定がほしかった。
 あとはパートボイスというくらいだけど、最初だけなんでここのセリフ声ねーんだよって思ってたけど、慣れたらそんなにだった。

[PR]
by hanatareboy | 2018-08-08 16:39 | 感想 | Comments(0)

ライフログ






メモ帳

画像一覧