人気ブログランキング |


前向きに検討します。


by hanatareboy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

恋愛、借りちゃいました
at 2019-08-22 23:40
1.5倍
at 2019-08-18 00:00
潮騒の海魔軍
at 2019-08-08 19:38
和香様の座する世界
at 2019-08-03 20:36
anime
at 2019-08-02 22:26

最新のコメント

特に病気もしておらず、元..
by hanatareboy at 23:53
元気ですか。
by にゅうさん at 20:22
いつでも変えれそうだった..
by hanatareboy at 21:28
お名前なんてーの!
by saito at 23:54
いつの間にそんなことに ..
by クリス at 16:57

カテゴリ

全体
ゲーム
アニメ
感想
FantasyVersus
アイギス
StarCraft2
StarCraft
C9
Diablo3
FreeJack
艦これ
Godius
KRITIKA
GIGANTOMAKHIA
FEZ
RedStone
リトルノア
ToS
TEG
PSO2
鉄鬼
タルタロス
S4L
Hawken
PoE
CLOSERS
クリップ
雑記

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ:感想( 287 )

恋愛、借りちゃいました

 アサプロちゃんは北見六花さんと遠野そよぎさんに弱味でも握られてるの?ってレベルでずっと起用している印象ある。
 昔はヒロイン総ヨゴレみたいなイメージだったんだけど、最近は若干キュートさに振ってきてポンコツ程度になってる。
 
 メインヒロイン2人くらいペアからの分岐パティーン良くない。
 シナリオとして取り合ってる感じは分かるけど、プレイヤーがヒロインへの温度差を感じてしまうとかなりつらい。今回は絵未とスミが良かったからアレだけど、アサプロのヒロイン完全に失敗なのおるけんな。それで避けてたのは確実にある。
 双子はヨゴレにまわしたかったんだろうけど、まぁこれが合わない。

 やはり飴川紫乃さんのは良い。今年数本やって思ったけど、きてる。きてるよー。
 問題はボクの好みとはぜんぜん違う方向の作品への出演が多いことだよ。
 これはプレカノの飴川紫乃さん出てるやつやるっきゃねーな。でも、プレカノというブランドに対してすでに苦手意識あるんだよな。
 結構先だけど、戯画の新作も決まっている。これはくる。

 BGMが地味に豪華だった気がする。以前のそんなに覚えてないけど、印象に残ってないし、何も思わなかったんだろう程度にしか思えない。

by hanatareboy | 2019-08-22 23:40 | 感想 | Comments(0)

和香様の座する世界

 キャスティングパねーな。みなとなだけはある。
 昔ほどの勢いではないし、今風のキャスティングではない。ボクの好みにあっているというだけかもわからん。

 見た目クールでぽんこつなさくらはづきさんは『Dies Irae』を思い出しますねー。
 五行なずなさん元気なきったねぇキャラで最高に輝いてる。
 あと、宗秀さん初登場で『家族計画』の劉さんじゃねーかと思った。パンケーキと我のくだりは良かった。こういうのだよ。こういうの待ってたんだよ。

 正直、シナリオライターとしての田中ロミオは終わったんじゃねと思っていたが、最近のしょっぱいゲームに比べたらキレッキレだった。
 こう、なんていうか、モブキャラのセリフが良いよね。あと、即堕ち2コマ好き。昔ながらの良さがある。

 『最果てのイマ』を古事記にしただけじゃねーのって中盤に思ったけど、そうでもなかった。ビックリマンシールが意外と仕事してるけど、少し煩雑だった。というか、ボクは世代外れてるんで、ぎり分かる程度だけど、シールが人気あった程度の知識しかないと、本当にだるいだけって感じがした。

 終盤、EDが流れて、えっ終わったん?って感じだったけど、特に盛り上がらなかったわけでもなく、まぁそうかってなった。
 この手のゲームでラストバトルでどっかんどっかんやるのあんまり好きじゃないし、終盤で、からのー?からのー?みたいなのも好きじゃないから、ダイジェスト系統は個人的には間違いじゃないんですよ。
 FDは出てもやらないパティーン。

by hanatareboy | 2019-08-03 20:36 | 感想 | Comments(0)

Ninja Girl and the Mysterious Army of Urban Legend Monsters! ~Hunt of the Headless Horseman~

 タイトル長いけど、ニンジャガールでいいんじゃね以外の言葉が出てこない。略称も知らん。

 値段の時点で知ってたけど、分割。超短い。
 Chaperって書いてあったのにChapeter1だけで終わったじゃねーか。

 メイン2人よりリリィがかわいすぎる。
 見た目も好きなんだけど、ああいう声に弱いねんな。

 霧の演技が意外としっかりとしてた。なんだろう。あおかなでは血が出るような戦闘シーンなかったから、渡辺さんの台詞回しとの相性を気にしてなかったんだけど、女性キャラであれってなかなかだと思うんですよ。

 メアリーの「カワバンガ」って何だよって思ったけど、そういえばミケランジェロが言ってたわ。懐かしすぎてしばらく思い出せなかった。ちなみにボクはピザ冷めてたほうがいいくらいです。アツアツのピザなんて火傷するだけやんけ。チーズ伸びても楽しくないし、メリットがない。

by hanatareboy | 2019-07-20 20:56 | 感想 | Comments(0)

Sugar*Style 恋人以上夫婦未満アフターストーリー

 はーSMEEヒロインはFDでも全員可愛いな。
 そしてさりげなくサブヒロインは声すら出してこないあたりすごい。コスト徹底してる。
 FDのサブヒロインの昇格って結構嫌いなんですよね。蛇足やんって思う。
 結局ね、FDって根本的にお布施なわけよ。ぶっちゃけ、メーカーによっては欠片も期待してないとこもある。そこにくるとSMEEは素晴らしいっていう話。

 晴が相変わらず可愛かった。天使か。
 地の文でも説明してるけど、ちょっとした仕草が良いんだよな。

 初楓はやはりSMEEヒロインだった。ド安定。
 まおまおとパイセンはある種予定通りっていうか、初楓とは違った安定感。
 そうなんすよ。良いんだけど、FDだから別に言うことねーなっていうね。

 SugarStyleはあんまりBGMが印象に残ってない。
 OPは曲も映像もかなり好きなんですよ。でもどっちかつーとEDとか挿入歌向きなんちゃうのって思わないこともない。そもそもED曲が「Happy Openig」ってはじまりやんけ。いや、別に曲名にどうこう言いたいわけじゃないんだ。
 単純にボクの中でOPはポップな感じだという固定観念があるからかもわからんね。あと、『フレラバ』のOPが強すぎた。

by hanatareboy | 2019-07-17 22:10 | 感想 | Comments(0)

D.C.4

 タイトルコールが東山奈央さんの時点で勝ってるよね。少なくとも初回起動時にはそう思った。

 まずよぉ、SSRってエスエスアールだったの?
 エスエスレアだって何度も何度も言われてきたので、エスエスレアに矯正されたんだけど、エスエスアールで良かったのかよ。何なんだよ。
 まぁASUSの読み方くらいにはどっちでもいいですけど。

 今まで手から和菓子ネタだったけど、D.C.3で種明かしされてしまったので、今回は鏡で笑顔。ストレートにきた。
 D.C.3わりかしディスってるけど、好きなんですよね。あの出来のアニメですら愛おしい。いや嘘あれギャグ枠に近い。

 何が言いたいかというと、結局のところ、D.C.4はあわなかった。思い出の残骸っていうか。学園モノで女の子がかわいいだけっていうの、どうにもならん。プロローグ消化に3日もかかった時点で正直あかんって思ってた。日常シーンの消化がつらいの致命的。

 有里栖はアリスすぎるんだよな。間違ってないけど、一番にはならない。と思ってたらお団子ヘアーかわいすぎた。
 まぁ言っても、これ順番縛るほどだったか?っていうね。いや、D.C.4が初D.C.なら分かるけど、そんなやつおらんやろ。

 やはり白河一族は鉄板。
 正直、ひよりは初登場の時点ではねーなって思ってたけど、最終的に外見は一番好み。さすが白河あざとい。あざとすぎる。
 まぁ言っても、白河一族の中ではさやかパイセンがぶっちぎりで1位なわけで、D.C.という枠には収まってないし、わりかしどうでもいい。

 想定より良かったのは詩名。水瀬いのりさんすげー合ってるよ。
 シナリオは結構CIRCUSだった。別に良くも悪くもないけど、個人的には良くない。
 というか、詩名が良かったというよりは、水瀬いのりさんが出てくるゲーム初だったからそっちに持っていかれたっていうか。
 なんていうか、片目隠しキャラ苦手なんだよ。もう存在が苦手。緑髪メガネ委員長に近いくらい苦手だよ。メリットがない。
 水瀬いのりさん繋がりで、Steamの食用系少女が気になっている。日本語対応してるけど、セールまでは買わないかなって感じがする。

 そんなことより杉並のループタイとヘアピンみたいなのが気になりすぎるんだけど、突っ込みがまるでなかった。
 声の存在感はあったが、あんまり悪友っぽさがぶっ飛んでなかった。

 4月くらいに出た3万円くらいのArchivesみたいなの買おうかと思ったけど、ボーカルCD以外たぶん開封することすらないだろうなと思って見送った。
 そもそもボーカルCDも2015年くらいにスーパーベストとかいうのあったやんけとか思ったりした。
 そういえば、D.C.4は今までのシリーズとの比較でいえば、あんまり楽曲が印象に残ってない。
 ここまで書いといて、昔はサーカス商法って言ってたなということを今さらながらに思い出した。こういうとこだった。

 6月末はニンジャガールとSMEEちゃんのFDくらいしか予定ないからだらっと消化したけど、正直中断まであったレベルで厳しかった。初めての一ヶ月以上にわたる長期戦でした。
 シナリオのこともあるけど、たぶんSSRの活動自体がいってしまえばおせっかいBBAだからだろう。
 島に何人の学生がいるんだよ。学生同士だけでしか恋愛しないのかよ。別れたらどうするんだよ等クソどうでもいいツッコミもある。根本的に恋愛請負って何だよってとこが一番なんですけども、これを言ったら始まらない。
 ヒロインが2人コンビのとこを片方1~2日で終わって、もう1人に5~10日かけるような感じだったというか、まぁそんな、うん。

 おま環かもしれないけど、場面と場面の切り替えの暗転が長いのが結構というかかなり気になった。

by hanatareboy | 2019-07-10 18:56 | 感想 | Comments(0)

9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ

 ぶっちゃけ、別に書くことない。せいぜい次回最終回くらい。

 やはり天と沙月先生の2強。こうね、方向性の違うキャラなのが良い。
 天はキャラ好きだったからまぁまぁだったけど、1作目とこの3作目はわりかしつらかった。最後やらないかもしれん。それか超スローペース。

 選択肢出されるけど、何の意味もないどころか、分割やめろやくらいの感想しか出てこない。

by hanatareboy | 2019-06-08 23:29 | 感想 | Comments(0)

機神咆吼デモンベイン

 逆移植作品ということだが、昔の作品すぎて細部はあんまり覚えてなかった。
 とはいっても、プレイしてみたら、あったあったこれ見覚えあるわってなった。
 NitroPlusの細かなアニメーションは演出がスキップできないのほんと嫌い。テンポ悪くなるから、まじいらない。
 追加分らしきイベントCGは何か違和感があるくらい絵柄に差があった。

 全体的に見たら良かったけど、思い出補正ありありな気がする。ていうか、アルルートしかやってない。
 ムービーが荒い。プレイステーションかよって思うレベル。
 クトゥルフって根本が分からんのよな。言ってることは分かるけど、感覚としては正直なところ分からん。おぞましくはあるけど、恐怖?って感じ。正直別にどうでもいいっちゃどうでもいい。

 やっぱりこのゲームはマスターテリオンとドクターウェストに支えられている部分が大きいと思いました。
 あとはどうせなら、機神飛翔もやりたかったかな、くらい。

by hanatareboy | 2019-06-02 23:10 | 感想 | Comments(0)

母性カノジョ2 -知性 崩壊編-

 ボクの中の結衣菜さんの声よりしっとりしてた。
 母性テーマだから仕方ないとは思うけど、もうちょっとわちゃっとした感じのキャラの声が好みなんだよ。
 ていうか、「がおー」ってセリフあったやん。意識してなの?

 伊夜の外見については、巨乳はマイナスだけど、おりょうさんの絵だし、ブラウン系のサイドテールすこすこ侍なので、どちらかというとプラスだね。
 何言ってんの?

 『ああっママになるっ! ~アナタを想って溢れるおっぱい~』は花澤さくらさんだったので当然やったのですが、思ったよりボクには必要ないなって感じだったので、特に何も書いてないはず。なんていうか、コンセプトの時点では完全にありだったし、キャスティングもついにきたかって思ってたような気がするし、まぁなんか期待しすぎてたというか。
 夜の羊は絶賛しといてアレですが、バブみはまた別なんですよ。伊東ライフ大先生の作品も今ではそんなに好きではないどころか若干苦手ですからね。やりすぎはだめなんですよ。正直言って、気持ち悪さがあるし、普通に引く。
 端的に言って、赤ちゃんプレイの需要がない。需要があるのは精神的っていうかそういう感じなんだよたぶん。
 まぁボクがまとめなくても、ラスト付近で伊夜ちゃんがすべて語ってくれました。
 というわけで、母性カノジョ2はわりかし大丈夫だった。だが、ボクが大丈夫だった分これじゃない感があったんではなかろうか。

 これで、父親となっちゃんの話が始まったらドン引きやぞ。

by hanatareboy | 2019-05-17 00:21 | 感想 | Comments(0)

缶詰少女ノ終末世界

 完全に渡辺僚一さんの作品だった。
 もうスタートからして良い。開始直後は『Indigo』に近い印象だったけど、わりかし遠い作品だった。だって、終末はじまってからが本番みたいに思ってたよね。なんだったら終末入ってからOP流れるくらいだと思ってたよね。

 シルキーズのウンコエンジンはたまにボクの環境では10秒くらいフリーズするので不安だった。体験版動いたからいった。アペイリアとかあのへんは死んでたから最初の3文くらいしか読んでいない。

 選択肢からの直行ぱねぇっす。その発想なかったわ。尊敬する!
 1人目のときは嘘やろって思ったけど、間違いじゃない。というか、この手のシナリオならなぜこれがなかったのかと思うほどに正解。ボクたちは調教されてしまっていたのだ。

 この作品での重要人物は圧倒的にツバキだったので、更紗は別にどうでもいいと思っていた。例えタイトルに入っていて、物語の中心が更紗だったとしても、ボクの中ではツバキがメインヒロインなのです。序盤でアヘアヘしていたツバキさんがメインヒロインなのです。
 藤咲ウサさんの声は久しぶりに聞いた。出演数も多いし、ラジオも多いのに、ぜんぜんボクの守備範囲内にこないんだよね。
 他のヒロインでいえば、辻花ですね。もうこういうツインテールロリはあかんと思ってたけど、辻花は良い。
 あと、嶽山が良い。この感じの男キャラを出せるのは渡辺僚一さんくらいですよ。天才か。

 結局のところ、『最果てのイマ』でいうとこの聖域と、走り出す感じがね、とても好きなんですね、終わりよければすべて良しって感じですわ。

by hanatareboy | 2019-05-05 00:29 | 感想 | Comments(0)

その日の獣には、

 これ結構毎回なんだけど、minoriはぜんぜんキャラの名前覚えれない。
 minoriのラジオ聞いてた作品は、前もってキャラの名前把握してるからプレイ時には覚えてるんだけど、振り返ってみるとぜんぜん思い出せない。

 今回は攻略順縛ってる割にトゥルーっぽい感じではなかった。別にどうでもいいといえばいいんだけど、ヒロイン3人のうち2人がわりかしあっさり終わったので、3人目は文章量ぱねーなこりゃって思って身構えてたから、拍子抜けした。
 シナリオについては別に言うことはない。
 そしてやはりメインキャラよりサブキャラの部長がぷりちー。美術部のときと比べてうまくなってる気がした。

 これがminori最後の作品となってしまったから、言ってしまうけど、正直minoriの作品は好きではない。
 演出というか視覚的な作り込みは好きなんだけど、根本の部分がかみ合わない感じ。大事にしていることが分かり合えない。理解はできるが、異文化だなみたいなそういうの。
 文章でいえば、のめり込めない。せいぜい10分程度で話が頭に入ってこなくなる。これはストーリーというよりテキストや台詞回しの相性が悪いだけだと思う。
 結構言ってると思うけど、イラストとして乳袋は気味が悪いなって思ってるので、おっぱい村に方向転換してからはまぁ良いか悪いかで言えば、良くはないとしか言いようがなかった。

 ついでに戯画の『アオナツライン』もやろうと思ってたんだけど、インストール前に挫折した。
 青春をアオハルって読ませてくる感じの作品って8割方は無理だなって感じで途中で諦めるので、まぁそういう気配を感じ取ってしまったというか。

by hanatareboy | 2019-04-27 22:07 | 感想 | Comments(0)

ライフログ




メモ帳

画像一覧