前向きに検討します。


by hanatareboy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

金色ラブリッチェ
at 2018-02-15 01:11
BREAK ARTS II
at 2018-02-10 21:41
出戻り王子
at 2018-01-30 21:36
CLOSERS
at 2018-01-30 21:04
2017まとめ
at 2018-01-10 17:12

最新のコメント

特に病気もしておらず、元..
by hanatareboy at 23:53
元気ですか。
by にゅうさん at 20:22
いつでも変えれそうだった..
by hanatareboy at 21:28
お名前なんてーの!
by saito at 23:54
いつの間にそんなことに ..
by クリス at 16:57

カテゴリ

全体
ゲーム
アニメ
感想
StarCraft2
StarCraft
Diablo3
FreeJack
C9
アイギス
艦これ
Godius
KRITIKA
GIGANTOMAKHIA
FEZ
RedStone
リトルノア
ToS
TEG
PSO2
鉄鬼
タルタロス
S4L
Hawken
PoE
CLOSERS
クリップ
雑記

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ:感想( 237 )

金色ラブリッチェ

 やっぱりね、ほんたにかなえさんの描くキャラが良いんだよ。 
いまさらかよって話だけど、玲奈の私服とかみてよ。男性原画っぽい感じのしないファッションが良いよ。すごく良い。Navelのときにも何かこれに似たことを言ったことがあるような気がする。
 いうても、サガプラちゃんヒロインかわいいんだけど、ダントツでかわいいのがぱっと思いつかない。

 こうな、シルヴィとお茶会のシーンでな「まかのろんさ」って感じがしてな、笑っちゃうんだよ。
 まかのろんさの影響力ったらない。いつでも使える準備はしている。

 金色とかカッコつけるとかテーマは好きだったんだよ。見せ方も問題なかった。
 ただこう、なんというか、長いというかだれるというか、冗長なんだよ。
 個別ルート入ってもあんまり差がないんだよ。いや、あるにはあるんだけど、根本が同じっていうか。
 だって、次のルート入ったらほぼ覚えてない。特に理亜入ったらシルヴィくらいしか記憶にない。というか、キャラゲーとしての要素を考えなかったら、他の3人必要だったか?ってレベルの話。
 『夜巡る、ボクらの迷子教室』で複数ライターについて少し触れたんだけど、こういうことよ。バランスとか別にいらない。

 まぁなんだかんだと言っておいてね、ああいう終わり方好き。展開じゃなくてエピローグとしての雰囲気。
 あ、うん。この展開だからこその良さは当然ある。あるけど、ちゃうねん。この流れでのってこととちゃうねん。
 いや、正確にいえば、2つくらいあるいはもっと要素があって、分かりやすいのはゴールデンタイムと郷愁とみたいなもんだけど、もっとなんかちゃうねん。
 ゴールデンタイムはかぶってるとこあると思うし、ボクがよく言ってる聖域ともかぶってると思うけど、ちょっと違うんだよ。
 つまり、ボクはこれと同じものを例に出せば『StarTRain』の蓬ルートでも同じようなものを感じ取った気がするんだよ。昔のことだから思い出補正か気がするだけかもしれんけど。そういうところ分かってほしい。絵のせいかもしれんけど、蓬はわりかしギャグシーンみたいになってたけど、ぜんぜんちげーから!

 後半何言ってるかぜんぜん分かんない。

[PR]
by hanatareboy | 2018-02-15 01:11 | 感想 | Comments(0)

2017まとめ

参考資料
 げっちゅ屋は2017年間まだ出てなかった。別にいらない。
 ついでにブログの仕様変更で、タイトルからコピペしたらリンクするようになってるから、そのまま批評空間のページにいくようになった。

最近の流行りだけど、この手の同人RPGの人気がまるで分からない。2Dキャラで冒険する感じが好きとか嫌いとかそういう前にただただめんどくさい。
ゲーム内でNPCの話とかまともに聞いた試しがないから基本的にどこいけばいいのか分からないし、民家ゴソゴソしたくないし、戦闘でコマンド選択すんのもめんどくさいというようなイメージがある。

インストールしたところ。

何か絵が古臭いなと思ったから避けたけど、評価高い。

前シリーズを思い出せぬままプレイしたが、悪くなかった。
ただ、1作目をやったときほど、続編はよみたいには思わなかったような気がする。
この手のジャンルは時が経つとボクの趣味が入れ替わることが多いから、どうかなと思ってた。

ケロQ界隈かそのへんでいいぞみたいなこと言ってたからやった。
良いなとは思ったけど、露出羞恥にそこまでこだわりもなく、特に熱く語れる部分はない。

冬コミトップの期待作なんちゃうん。

この系統のエンジン何かの相性が悪くてクソ重くて無理。

FDはあんまりやらない主義なんだ。

声に釣られてウッヒョーってインストールしたまでは覚えてるけど、いつの間にか消えていました。
この時期はまだそういう布陣だったと思うんだけど、今みると超普通っていうか鉄板。

ようやくまともにプレイした作品の初登場。
伝奇部分は特に覚えてないんだけど、キャラがかわいかった。あっぷりけの作品にはだいたいかわいいキャラがいるよ。

安心のSMEEちゃん。
ぶっちゃけ、ああしてほしいとかこうしてほしいとかない。新作がきたら、「ほほぅ、こうきましたかな」みたいな心境ですよ。前作と比較してみたりするけど、意味はない。

このシリーズ特に意味もなくプレイしてないんだけど、女装ってことでやろうかなと思ったけど、意外と話繋がってるっぽいからどうしようかなと思ったまま放置。

pororiさん枠で買ったんだけど、それ以外のところが存外良かった。
最初に公式サイトみたとき、なぜか全年齢感あった。

ましろかわいい。
でもやっぱりフォーリズムに求めてるのは、渡辺僚一さんのオラついてるシナリオなんだ。というわけで、みさきを待ち望んでいる。

長そうだから後回しにしようって思ってたら放置。

もうタイトルの読み方が分からないよ。

蓮夏が圧倒的にかわいかった。
変身シーンのだささとかバカっぽい話とか癒される。
絵もタイトルも触手出てきそうだよ。

夕梨のニヒが最強にかわいい。
こういうね、主人公がクズの話嫌いじゃないんですよ。普段は傍観者なのに、大事なシーンではすべてを乱すそういう男は好きですね。
基本的にこの手の作品は、SFっぽい雰囲気の上につくられているお話ですよって思ってるから、そこについては何も思わないけど、アンドロイドの話のときのロボット3原則って何か違和感がある。

やろうとは思ったんだけどね、この眉毛が苦手でしてね…。

ノーチェックだったけど、今みたら面白そうだったんで。

なんだかんだでま~まれぇどは制覇してたし、結衣菜さんもでるしと思ってたのに、いざ出ると放置。

背景が気持ち悪いということを書いた記憶しかない。

タイトルだけでバカにするのやめてくれますぅ?
みこがね、良いんだよ。良い…。
思い出補正がかかってるだけかもしれんけどな。

ねこにゃん原画なのにこんな下にいるん。やってませんけど。

この前書いた。

スイセイギンカ
青香が最強にかわいかった。暁WORKSの中でも屈指のヒロイン。
なんだろうね。ボクはこういうの好きなんですけど、人気ないですね。ぼくたちの大切なものを守ろうってのさえしっかりしてれば後は些末なことだと思うんですけどね。

なぜかスルーしたが、未完成がどうのとか見えたから、そのままスルー。

クロシェットこの位置なん。大丈夫なの。
正直、いつもの神様(笑)よりだいぶましだと思ってた。
最初から、明日海と英麻にしか期待してなかったからだろうか。

この絵で能力バトルの相性の悪さったらない。ついでにブランド的にも不慣れ。
続編には期待している。キャラだけ。

これよこれ。こういうの好き。主人公が一人でブツブツ言ってるやつ。
おりょうさん原画の次回作のタイトルぱねぇなって思いました。

minoriとは反対に新体制になってもPULLTOPはあんまりSFっぽい話向いてないんじゃねと思ってたんだけど、別にそうでもなかったとこの作品やって思った。ただ、ころげてラインがある以上、もうちょっと何か別のとこで勝負しないとだめなんじゃないのみたいな印象はある。
桜乃ひよさんがでてるだけで満足だった。

もうボクは続編に次ぐ続編にはついていけんのよ。

なんか時間かかりそうだったので、放置。これもあかべぇだから認証でどうのこうのあるとか見た。

あれだけラジオきいといて、本体はスルー。

途中で諦めた。この手の話苦手なんだよ。

玲央が良かったんだよ。
まぁね、アドリブ信者なんで、この位置には激おこですよ。
いまさらなんですけど、ちょっとこの作品の評価みて思ったのは、ボクは他のルートがクソだったからといってそうそう評価は下げないということですよ。いかに最高点が高かったのか。そこよ。

すげー宣伝してたから、よしやめとこうって思った。

もうボクには最近のAXL新作の区別がつかんのよ。

AGかなんかのラジオでも聞いたけど、すげータイトルだな。

5年くらい前なら絶対やってた。だから何?って感じですね。

いつの時代のSLGなんだよ。

 とりあえず書いたけど、やっぱりやってないの多い。

[PR]
by hanatareboy | 2018-01-10 17:12 | 感想 | Comments(0)

なちゅらるばけーしょん

 とりあえず、花澤さくらさんも柚原みうさんも好きな声なので、ラッキーですね。
 と思ってたけど、どちらのヒロインも若干性格が苦手。
 遥みたいな性格のキャラ花澤さくらさんの声にはすげーマッチすると思うんだけど、こればっかりはどうしようもない。
 純真さみたいなの別にいらないし、田舎系統の純真さとなるとさらに必要がない。別に気にならない作品もあるけど、田舎暮らしに対してポジティブな感じでずっといく作品はたいていダメな気がしますね。

 実際のところ、期待はしてた。hibiki works作品ではヒロインが絞られたということもあって、なかなかの期待度だった。
 しかしながら、現状ピュアリケがhibiki worksの中ではトップですね。ラブリケ2も良いし、なんだったらピュアリケより上なんだけど、インパクトならピュアリケ。
 やっぱりこういうゲームはBBAの良さにかかってるんだよ。

 ぜんぜんボクの名前と関係ないんですけど、ラブリーコール全部聞いた結果、かずくんかゆうくんが良いですね。
 ひろくんとかはるくんも安定感あったから、2文字っていうのが良いんじゃね。
 3文字だとまもるくんとひとしくんがおすすめ。

 このラブリーコールありのシステムで急に寝取られが発生するとさすがにドキドキするかもしれんね。そういうので一つ頼む。いうても、主人公を自分の名前にしてみて、呼び方を別人にしたところで何も思わないと思う。
 まずどう想定しても、最初に自分の名前で設定しない。だめだ。

 とりあえず、認証方式をどうにかしてほしい。DMMの何かになってた気がするけど、今までのよくわからん認証はだめだったの。別に不具合なかったらいいんだけど、まーた何かゲーム以外のインストールしてからなのかよっていうのが何かいやになってきたのかなとか思った。

 アイギス復帰してみたり、Steamのクソゲーを消化してみたりで、去年のまとめみたいなのもやっておらぬ。前にも書いた気がするけど、欲望としてやりたいわけじゃないけど、記録としてやっておきたいというか、見返すときがあるかもしれないから残しておきたいとかそういう感じ。
 というか、去年は、9月か10月くらいにc9休止するまで、平均すっと平日でもc9を1日3時間はやってたから、そこからアニメみてネット徘徊したらもう残り1時間くらいしかないような感じだったんじゃね。覚えてないけど。ずっとレイドみたいなの回してたかひたすらソロで金集めてたきがする。あんま覚えてないけど。しかもc9ぜんぜん楽しくないのがつらい。作業感しかないネットゲームって時間経過すごいけど、思い出がほぼない。いや、あるかもしれんけど、おそらく3ヶ月後には何らかの記録をしてないと忘れるね。3月から8月にかけては確かにYoutubeにGvG動画をあげ続けてるからやってるんだけど、まぁ綺麗さっぱり覚えてないわけよ。しかも、GvGキャラはほぼ装備更新してないっていうね。
 正直ネットゲームでのことは別に忘れてもいいし、どうでもいいんだよ。現実で話さないどころか、ネット上ですらやめた人とはあんまり関わらないから。ただエロゲーのほうは覚えてないとかぶるの嫌なんだよ。データ上でもパッケージでも。あと思い出せないと老化が進んだなって思うじゃん。進んでるけど。そういうの減らしていきたいわけ。つまりは、研究と対策だよ。大事なんだよ。

[PR]
by hanatareboy | 2018-01-08 23:33 | 感想 | Comments(0)

夜巡る、ボクらの迷子教室

 開始してすぐは、プレイしたの失敗したなって正直思った。いや、一番最初はそうでもなかった。回想みたいなの入ってちょっとの間がちょっとひっかかるとこあった。それだけ。

 はやての声あててた月野きいろさん『Making*Lovers』とは声の印象がだいぶ違う。
 ていうか、はやてちょろい。ちょろすぎる。
 はやては一番普通の話だった。

 きなのシナリオはあんまりみないタイプだった。
 こうきたかって何回か思ったし、あ、これだよこのパティーンみたかったんだよってのもあったけど、まぁ…そうね…うん…みたいな。そういう話。でも見れて良かったと思えるお話だったんじゃよ。
 つーても、これドラマでそれなりによくあるやつじゃんって思った。

 りこの年齢設定が分からん。そうすると綾子さんもわからん。共通だと中学生くらいっぽいなと思ってたけど、りこルート入ると完全に小学生。
 りこだけボクらの迷子ロリータと化してたね。からのーあの終わり方。

 そしてまたかーちゃんゲー。
 綾子さんというか、全員がパケ絵だともう少し上の年齢にみえるじゃん。綾子さんゲーム内の立ち絵だと完全に20前半よ。
 こういうオロオロしてるキャラは基本的に苦手なんだけど、綾子さんは嫌いじゃない。
 そもそもなんで綾子さん単独ないのってくらいには違和感ある。

 やっぱり複数原画、複数ライターの作品ではよくあるんだけど、キャラやら設定やらの統一感がない。
 実際のとこはそこが見たくてやったというところもある。

 この雰囲気が良い。正しくないところを這い回っているような。まぁそう思ってたのは共通だけっていうね。
 夜間学校という舞台だからということについてはNOだと思う。夜のひつじではよくある感じのアレ。
 作中にある「普通じゃない」とは似てるというか重なるというかそういう部分はもちろんあるけど、違うんだよ。普通じゃないっていうとネガディブな要素が強いけど、人それぞれみたいなフラットなところっていうか、言葉かえただけじゃんよっていうわけじゃなくて、鬱ってほどじゃないけど、無気力みたいな。伝わらない。
 結局は迷子なんだよ。これで主人公が熱血教師のまま突っ走ったり、ハッピーエンドすぎたらゴミゲーに分類しちゃったわけよ。

 ちょっと前に、BUMPの曲がエロゲに使われてるみたいなやつタイトルだけみたんだけど、この作品のことだったんですね。
 興味なかったから読んでなかった。みなと系列とかの爆死系の金持ってるとこの話やろ?とか思ってた。
 調べたら調べたで、BUMPじゃねーやんってことで終わった。
 
 主人公の顔つきがやたら好青年で、何かアレだった。ゆずの主人公がもうちょっと年いった感じだった。
 先生でイケメンといえば人見先生。人見先生はいいぞー。アルペジオの群像もあのタイプのイケメンだったけど、ああいう顔好き。

[PR]
by hanatareboy | 2017-12-21 00:08 | 感想 | Comments(0)

Making*Lovers

 この分岐いいですね。ボクは好きです。ただ、やっぱり共通はある程度ボリュームほしいだろという気持ちもある。
 しかし、初見で普通にやったら亜子いかないだろ。

 コンセプトがしっかりしてるから安心してられるんだよ。
 変なシステムや設定つくっても体験版部分で9割くらい燃え尽きてるとかよくあるじゃん。そういうのよくない。
 結局のところ、それってどうなのとか特に何とも思っていなかったりしたところが、最終的に良かったってなるとこが良いわけ。
 SMEEはだいたいそうだけど、作品のテーマでもある変化をきっちり表現できてるとこが良い。
 これだよこれっていう感じの王道もやりたいけど、やってるうちにどんどん良くなる作品のほうが印象に残ったりするわけですよ。

 まぁ言うても、エロゲには基本的にここは求めてないよって思いました。SMEEの作品じゃなかったら結構な確率で途中でやめてたと思う。キャラとかストーリーかぶってんじゃねーかとか、苦手なタイプがいるとかその程度の話。
 あとは、SMEEタイプの主人公の存在の大きさだよ。端的にいえば魅力的ということなんだけど、うまく言葉にできない。

 で、ヒロインの話。
 亜子はSMEEの妹って感じのキャラだった。特にいうことはない。
 やっぱりね、前から薄々気付いていたけど、羽鳥いちさんすげーよ。
 個別入った直後の芸なんだよ。まじかよって思った。

 咲さんやばい。天使か。
 つーか、あざとい。これはあざといキャラですよ。
 しかしですね、上品そうなお姉さんはまだ分かるとして、ギャップが良いとそういうわけではないんですよ。
 じゃあ何なの?って聞かれても、雰囲気とか距離感とかたぶんそのへんだけど、答えることはできない。
 SMEEって年上キャラは1作につき1人で、同じ年多めだけど、もっと年上できてもいいんじゃないか。

 レイナはなんというか、普通。
 『ピュア×コネクト』でも金髪で若干かぶってないようで少しかぶってる感じのキャラだったような気がする。
 上に書いてるんだけど、年下より年上のほうがSMEEの良さが出るような気がするよ。実際は分からんけど。

 可憐はキャラも良かったけど、すごく北見六花さんだった。というか最初からボイス決まった上でのシナリオとセリフじゃないかと思うくらい。
 緑髪なのか容姿なのかボイス聴く前に第一印象で北見六花さんだって何故か思ったような気がする。
 北見六花さんのキレッキレの芸久しぶりにみた。
 昔の緑髪ヒロインの冷遇は何だったのか。戦隊モノのグリーンよりひどかった。真面目でメガネかけてて垢抜けない三つ編みで隙あらばヤンデレ。何一つ良いところが見当たらない。
 根暗というか性格がネガティブというかそういうのが外見にまで出ていたような気がするよ。
 デート先でカラオケ行ったらおれつばのサントラに入ってた「微笑みジェノサイド Party Mix」みたいなあの曲を思い出した。
 ちょうどプレイ前くらいにフィナンシェ食べてたからなんか面白かった。フィナンシェうめぇ。

 ましろはね、不思議ちゃん。これ。はい当たり。シナリオ的にもポンコツとギャグ担当。
 おもしろ系ポエマーほんと好き。
 そうなんだよ。実際のところそんなに不思議ちゃんじゃないんだよ。
 キャラもだけどシナリオも何かモヤモヤとしていた印象ある。
 ここはちゃんとしてるなってパートもあったけど、完成形が見えないようなそういう何かをたまに感じたような気がする。よくわからん。

 まぁね、なんだかんだいってね、かーちゃんの海原エレナさんが強すぎっていうね。立ち絵もないのに主張激しすぎ。
 キャラ全体的にみると咲さんがトップだけど、立ち絵の造形は可憐が一番良かったような気がする。
 とはいっても、SMEEのヒロイン基本的に全員かわいいんだよ。

 OPEDのブランドロゴっぽいとこに「おかげ様で10周年」みたいなの入ってるのなんか笑える。

[PR]
by hanatareboy | 2017-12-10 23:03 | 感想 | Comments(0)

ひるのみノススメ

おがわるいこ「ひるのみノススメ」|コココミ|note
 こういうの良い。
 最近メシ系多すぎてな、中見るまでいかずに、ぱっと見でもうYESかNOか決まっちゃうわけ。
 そこにくると、これはエッセイ風だし、顔のラインも好きだし、ぽわぽわしてる感じとか間の取り方とかも良いわけ。

 食ってるシーンそんなにいらねーと思うんだよね。
 普通にうまそうに食ってる絵面がボクは一番好みなんですけども、そこを外れたらもうね、アヘ顔か中華一番しかないじゃん?みたいなとこある。

 まぁ理由は全部後付け。今までのエロゲーの感想もだいたいそうだけど、ブログに書くより前のツイッターの頃から終わってから理由探しですよ。いや、前は全部書いてたからそうでもなかったけど、最近はもう面白かったか印象に残ったかでスタートして、がんばって良かった探しですよ。何か間違ってるよ。少なくともボクはそう感じているね。
 もっとプレイフィールがとかメタファーがとか意識高いこと言っていきたいね。嘘だけど。

 そういえば、この系統でいえば、「わたしのごほうび」気になってたけど、買ってない。

 WEB漫画に限っていえば、モノクロだとコマ割りとか余白の使い方だとかなんかそういうのがあんまりにも変だと気になってもなかなか続きが読めない。
 いうても、そんなに探してない。月に1回も探してないレベル。

 ぜんぜん関係ない話で終わるけど、夏くらいにSoundCloud終わるって見た覚えがあるんだけど、気のせいだったのか。

[PR]
by hanatareboy | 2017-11-10 23:39 | 感想 | Comments(0)

浮気エッチ×本気エッチ

 正直、なめてた。価格考えると、クレリが嫉妬したあたりで普通に終わるかなとか思ったくらいにはなめてた。 
 そこらへんの、取ってつけたようなハーレムルートあるよみたいなウンコゲーとはわけが違う。
 でもな、ヤンデレとかNTRとかな、ちゃうねん。ちゃうねんなー。

 ただ、あまりにもグイグイと好意を押し付けられて、一気に読めなかった。
 夜のひつじも似たような方向にあったと思うんだけど、向こうは基本的に1対1だからだろうか。

 BGMが何気に悪くない。ていうか、この同人ゲームのっていうかフリーのBGMだって分かる感じが心地良い。
 いや、心構えとゲームとの相性の両方があるんだけど、このゲームの場合は当たりっていうだけ。

 システム面が弱い。バックログのボイス再生機能がなかったのと、バックログから戻るとボイスがもう1回再生されるのが何か気になった。
 選択肢が多い。演出上分岐が多いから仕方ないけど、それなりに多い。

 結論としては、こういうゲーム好き。

[PR]
by hanatareboy | 2017-10-24 23:48 | 感想 | Comments(0)

ヘイズマン

 OPから『マスクド上海』みたいな匂いがした。それだけ。まー実際はぜんぜん違ってたけど。
 『マスクド上海』とか『Angel Bullet』とかあのへんの空気すげー好き。
 ついでに言うと、タイトル的に触手が出てきそうだったから不安はあった。いまだに触手の良さがわからない。

 かなり立ち絵が良かった。プレイ前はなぜかCGだけ綺麗な感じで立ち絵微妙な印象あった。
 あ、いや、全員がそうってわけでもないし、ジル夫は違和感あったけども、ファラと蓮夏はかなり好みだった。

 蓮夏が凄く良かった。おさげキャラそんなに好きじゃないから、だめかもわからんねって最初思ってた。
 と思ってたけど、スパイラルのひよのは存外好きだった。似てるタイプのおさげしやがって。
 とにかく、蓮夏は見た目もキャラも今年の1位やでほんま。
 そしてこのキャラですよ。こういう見た目まともなド直球イカレキャラ好き。しょーちゃんに生まれ変わりたい。
 シナリオは、はいはいこのパティーンねって話だったけど、何か良かった。
 たぶんやたら軽いのが良いんだよ。だって、こういう話無意味に重くなるじゃん。へたしたらヤンデレ一直線。そういうの良くない。

 テキストはわりかしつらい。なんかこう2000年前半くらいの話聞けよ系と最近のラノベの寒いとこが融合されたようなそんな感じ。正直しつこい。でも嫌いじゃない。
 スーツがださい。ださすぎて戦闘中シーンでは情報がいろいろ頭に入ってこない。

[PR]
by hanatareboy | 2017-10-13 23:46 | 感想 | Comments(0)

9-nine-ここのつここのかここのいろ

 沙月ちゃんかわいすぎ。
 
 なぜこの絵で異能系をやりたがるのか。理解に苦しむ。
 分かった分かった。時空・空間系が最強。この話終わり。
 ギャップとかそういう問題じゃなくて、シンプルに相性がとても悪いとしか思えない。
 まぁいっても、テキストはそれなりに好きだったので、シナリオがどうであれたいした影響はない。

 『ましろ色シンフォニー』の印象が強すぎるせいだと思うんだけど、都が委員長っぽい外見してるから、あれ?五行なずなさんじゃないって感じになる。

[PR]
by hanatareboy | 2017-09-28 22:16 | 感想 | Comments(0)

あきゆめくくる

 ちはやはなかなか渡辺僚一さんの主人公って感じがして良かった。
 わりかし序盤のカレーからの下ネタあたりすげー良かった!最高だ!クール!
 ていうか、日常シーン下ネタばっかりじゃねーか。

 なぜこの作品を遠ざけていたのかというとですね、キャスティングですね。 あきくるはハイテンションでこられると無理なやつやって思ったから、遠のいてた。
 なつくるもプレイ前はおいおい大丈夫かよって思ってた。

 歩は静夏みたいなキャラ想定してた。どんなキチガイキャラかと思って身構えてた。でも予想に反してすげー良い。正直プレイ前にキャラ見ただけのときは3位だなって思ってたけど、1位だよ。
 あれだけ優雅そうにしといて、中身は桜野さんにそっくり。素敵。頭の回転は早いのに頭悪そうな感じがすげー好き。
 何だろうな。金髪お嬢様はクソキャラが多すぎて外見の時点で期待してないんだろうか。
 などと思ってたら、だいたい全員個別入ったら桜野さんみたいなモノローグ付きだった。
 というか、歩は立ち絵がやたら可愛い。っべーぞ!

 それにしても、このシリーズはいつまでもちょぼらうにょぽみ先生のはるくる4コマのイメージが抜けない。

 ついでにあおかなEX1のことも書いておこう。
 この手の始まり方好き。
 ただやっぱりシナリオが渡辺僚一さんじゃないからオラッて感じがしない。FDでそういう雰囲気必要か?っていうといらない気もするし、やるならみさきと明日香でやるべきことだろうしな。

 真白は良かったけど、やはりキャラ的に、牡丹さんには勝てない。
 一番良かったシーンは真藤とFCの未来について語り合う妄想シーンだな。イケメンパラダイス。 
 OPがさかハリより前のこんにゃくとかあの頃の戯画っぽい感じがするなって思ったけど、スタッフ的に間違ってなかった。
 あおかな本体はもう3年近く前の作品と知ってビビってる。2年くらいしか経ってないと思ってた。

 ぜんぜん関係ないけど、あ、いや、原画的にちょっとあるけど、ナルキのサントラにすみれOPの「Sleeping pretend」のフル版が入ってると知って、Steamから起動してもねーぞコラッて思ったけど、普通にハードディスク上の存在としてSteamLibraryのNarcissu関係のフォルダの中にflacファイル入ってました。
 ウンコみたいなアプリからしか再生できねーんだろって思ってたんで、その発想はなかった。
 とか言って、GeometryDashだってサントラどこにあるんだよオロオロって探した記憶あるわ。鳥頭か。
 それはそれとして、ねこねこの音楽は安定してる。落ち着くって感じでもないけど、ヴォーカル曲はヴォーカル曲、BGMはBGMって区切って聴きたいほうなんだけど、混ざってても気にならない程度には自然に聴ける。
 ねこねこってたぶん2000年の前半から中盤くらいだったと思うんだけど、今でも余裕でいける。
 それに比べてRPGの曲なんか昔は好きだったけど、今はもうさっぱり好きじゃない。むしろ、なんで昔好きだったのか疑問に思うレベル。Xenogearsの紅蓮の騎士とかたぶん今でも好き。ただ、昔ほどのノリで聴けるかつーとそれはないと思うっていう程度のこと。
 だから何?って感じで、本当にどうでもいい話でした。

[PR]
by hanatareboy | 2017-09-23 21:37 | 感想 | Comments(0)

ライフログ




メモ帳

画像一覧