前向きに検討します。


by hanatareboy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

シャオ
at 2019-01-22 23:25
ピックアップ
at 2019-01-18 23:36
捻くれモノの学園青春物語
at 2019-01-12 22:44
2018エロゲーまとめ
at 2019-01-12 00:30
アニメ
at 2019-01-11 23:10

最新のコメント

特に病気もしておらず、元..
by hanatareboy at 23:53
元気ですか。
by にゅうさん at 20:22
いつでも変えれそうだった..
by hanatareboy at 21:28
お名前なんてーの!
by saito at 23:54
いつの間にそんなことに ..
by クリス at 16:57

カテゴリ

全体
ゲーム
アニメ
感想
FantasyVersus
アイギス
StarCraft2
StarCraft
C9
Diablo3
FreeJack
艦これ
Godius
KRITIKA
GIGANTOMAKHIA
FEZ
RedStone
リトルノア
ToS
TEG
PSO2
鉄鬼
タルタロス
S4L
Hawken
PoE
CLOSERS
クリップ
雑記

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ:感想( 271 )

捻くれモノの学園青春物語

 まとめたときには書いたのに、個別の書いてなかった。

 結構言ってるけど、ぎうにうさんの絵が好きなんですよ。
 まぁ言っても立ち絵ではさやかよりゲロインさんのほうが好きなんですけども。

 美空なつひさんVA系の印象しかないから、すごく浮いてない?って思ったけど、りびどーそふとは近いとこだった。
 というか、きゅあらじの印象が強い。

 やはり、南条さんちの朔夜ちゃんですよ。このルックスに声。わりかし上位。
 ていうか、アイキャッチ撲滅運動家のボクですら朔夜のアイキャッチは悪くないと思ってしまった。
 歩サラさん出演数の割にメインではあんまり遭遇しないんですよ。

 意外と青春の説教ゲー。
 はてな村でいってたところの「要は、勇気がないんでしょ?」関係は心底どうでもいい。モテとか非モテとかリア充だのぼっちだの趣味の問題ですやん。自分で決めろ。というか、ある程度ぼっち越えると、言葉は必要ないくらい無。コミュ力なんて言ってるうちは完全に他人を必要としてるから結果は最初から決まってる。
 あと、やらないで後悔することはほとんどないけど、やってみた結果失敗して後悔することのほうが断然多い。たぶんやらなかったことについては、過去を省みないからだと思う。普通そうじゃないの。
 ちゃうねんなー。ボクが好きな説教ゲーはこういうのとはちゃうねんな。おじいちゃんの「けしからん」とかおっちゃんの「昔は良かった」とかそのへんの説得力がないし、だから何?っていうのに似てる。いわばこっちの問題じゃねーし、お前ががんばらなかった結果だろっていう話。
 噛み付いていったけど、別にどうでもいい。

 とりあえず音声が良くない。ボリュームの統一感にいまいち欠けるし、たまに位相がおかしい感じするし、変にこもってるようなときもあった。

by hanatareboy | 2019-01-12 22:44 | 感想 | Comments(0)

2018エロゲーまとめ

参考サイト

 一応載せたけど、げっちゅ屋のほうはなんか使いづらいから特に気にしてない。
 たぶん来年になったら来年にやつになる。

知ってると思いますが、やる予定はありません。

まじめな話、この程度で人を選ぶとか言ってたら何も楽しめることがないと思うんだよ。

spriteさんは終わってしまったんだ。
何もPerfectではなかったが、明日香とみさきが好きなので特に問題はなかった。

個人的には嫌いではなかったが、今思い返してみるとインパクトに欠けている気がする。

OP付近までがんばったが、ギブアップした。

アウェー感あった。
バカゲーはもうあんまり楽しめないんよ。

最近あまりにも夏野こおりさんがいないのでやろうかと思ったが、やっていない。

成田ゲー。

やっていない気がしていたが、やっていた。

バトルさえなければと言い訳してスルー。

やったような記憶はあるけど、たぶん最後までいってない。テンポが悪かった気がする。

人生通行止めさんまじおすすめ。
でも、カノビッチは結構今までと方向性違う。

花澤さくらさん枠の神様()

こういうの好き。でもそんなに長く続けれない。

つまらないかどうかで言ったら微妙だけど、不思議とゆずは読める。
キャラゲーだけではない何かがある。たぶん相性。

こういうのぜんぜん読めない。落ち着けよ。

良い最終回だったね…。
いいからニートを出せ。

おじさん向け。若干気持ち悪いが、おすすめ。
あと、藤乃さんの声が良い。

ボクとしては1本目の結衣菜さんがマックスだったからやっていない。

こういうのは外れないと思ってプレイした記憶はあるが、何も覚えていない。
本当にやったのかと思ったが、フォルダーの残骸はあった。

プルトップちゃん系列の夏ゲーは本当に外れがないなと言ったらディスられた。許さん。
アスタさん作品好きならおすすめ。

夕梨にもう1度会いにいこうと思っていたが、やっていない。

こういうの好きなんですよ。いってみたら水平線まで何マイルに近いオーラ。
ぜんぜん伝わらないと思うけど、前作のニュートンにはない。
いうても、このゲームのトゥルーは苦手でした。

そうです。ボクがLoser/s大好きおじさんです。

テスラおじいちゃんがんばってた。

Making*Loversは亜子ちゃんなんだよ。
めっちゃ楽しそうですやん。

薀蓄がだりーな!以外はそんなに気にならなかったが、1や2のほうが印象に残ってるような気がする。

なんだよこのタイトルって思ってたら、次は『ああっママになるっ! ~アナタを想ってあふれるおっぱい~
コンセプトは分かりやすいけど、どこに向かっているんだ。

おねショタはおねショタなんだよ。逆転とかいらねーから。
としあきに聞けば分かる。

悪くはなかったんだけど、設定先行で、平凡に終わらすか超展開にもっていくかみたいなのどっちも失敗するよねみたいな作品。青春に囚われすぎたし、ターゲット層も良くなかった。そんな印象。

Vol.1に食われた感あった。

この位置は嘘やろ。
この雰囲気のゲームで大作を期待してはいけないから、ボクとしてはむしろ良かった程度で済んだ。

結衣菜さん最高じゃけん。

後輩案外悪くなかったけど、結衣菜さんのはよ。

これたぶん書いたけど、原画ぎうにうさんで、シナリオpororiさんで、しのさあやさんがんおっとか言ってる時点で勝ってるから。優勝!

花澤さくらさん枠でやったが特に覚えていない。
寝取られが良かったんじゃねーのみたいなことを思ってた記憶があるし、書いてた。

裏の声っていうのがシステム的に良くない。端的に言って、2周耐えられるゲームか?ってこと。

この順位圧倒的なクソゲー扱いなんだけど、ボクは嫌いではなかった。
SFとか設定とかそっちじゃないよ。絆だの家族だのそっちの話よ。

ボクもなかなか厳しいなと思いましたよこの作品はね。
ただ、最後まではやったし、覚えてる。

この位置はあかん。やり直しはできなかったんだ。現実と向かい合うときがきたんだ。
ぶっちゃけ、原画だけでいけるはずだった。

by hanatareboy | 2019-01-12 00:30 | 感想 | Comments(0)

ハロー・レディ! -Superior Entelecheia-

 なぜ『ハロー・レディ!』はやたら息の長い作品になったのか。さっぱり分からん。
 最終章っていっても、結局はFDみたいなもんなわけで、別に言うことない。
 最初から最後まで成田の声が良かったくらいしかない。

 というわけで、唐突に暁WORKSのこっちラインの話をしようと思う。

・るい智
 調べたらもう10年も前だった。
 後半は覚えてないわけで、序盤のわちゃっとした感じが良かったんだろう。
 名言はいっぱいあった。今でもピンクポッチーズは輝いている。特に思い入れないゲームのソロギルドでたまにピンクポッチーズつくってる。

・コミュ
 世間の評判はクソだったはず。
 正義マンに期待してたら、あんまりだった記憶がある。
 前作でメガネをディスっていたと思ったらメガネキャラになっていた。

・‘&’
 圧倒的な八重ねーさんブヒ。
 カエレシルバーに影響されてクソみたいなテキストのハクスラやってた記憶ある。

・ハロー・レディ
 最初のほうで書いたけど、成田の声が印象的だった。たしかアルペジオのアニメ付近に発売されてたはず。
 設定の説明が長い。

・スイセイギンカ
 メインヒロインだったはずのいざなは、沢澤砂羽さんのキャラの中ではいまいちな印象がある。
 ボクの中では青香がトップです。暁WORKSの中でも1位です。

by hanatareboy | 2018-12-23 23:43 | 感想 | Comments(0)

家神女房~名無し猫又は神Tuber~

 音声再生中のBGM音量低下の設定なくて強制低下なのまじくそ。
 演出効果スキップないのまじくそ。
 さらには毎回同じアイキャッチ付き。
 というわけで、コンフィグまわりはクソの中のクソ。

 やっぱり神様()っていう感じのゲーム苦手なんだよ。良かったと思ったことがほとんどない。
 そもそも、このゲームメイン声優が花澤さくらさんじゃなかったら買いませんでしたわ。
 その点においては良かった。満足した。

by hanatareboy | 2018-12-18 23:29 | 感想 | Comments(0)

蒼の彼方のフォーリズム Perfect Edition

 下調べなしでPaerfectEditionなんだからパーフェクトなんだろうと思っていたが、ぜんぜんパーフェクトではなかった。ZWEIとは何だったのか。
 ただ、あおかなは良い。特に問題はなかった。みさきシナリオが増えただけでも十分だよ。
 みさきはいつみても美人さんだな。なかなかのバランスだよ。
 みさきは何かにつけて良い。素晴らしい。もうなんか理想系に近い。
 特に口調なんかは昔のボクがロールプレイしたかった女キャラに近いような感じがする。まぁやろうとしたことすらほとんどないが。

 4人ヒロインいるけど、実質明日香とみさきのダブルヒロインですよ。アニメもダブルヒロインだなって思ってたような気がするけど、何も覚えていない。何も。曲すらも。

 ZWEIもふゆくるもこない。どうなっとんこの業界はよぉ。

by hanatareboy | 2018-12-16 23:51 | 感想 | Comments(0)

手垢塗れの復讐

 2作目の堕天使はやってない。

 今回は確実に1回しかやらねーなと思ったので、セリフは裏、ボイスは表でやった。
 なんというか、裏の声っていらなくね。美麗みたいなキャラは特に心情の描写ないほうがいろいろと良いと思うんだよ。いや、まぁなら切れよって話だけど。

 最初の子がインパクトあった。というか、金松さんだった。
 1作目は完全に花澤さくらさんが目当てだったんだけど、今回の結城ほのかさん良かったですね。なんかこうアイドルって感じがした。ふわっとしてて何言ってるか分からないと思うけど、長いことテレビのバラエティみたいなのみてないし、アイドルがぜんぜん分からんのよ。まず、そもそもアイドルってものの存在がわからないよ。ありがたがればいいの? そこらへんからだよ。

 とはいっても、アイドルの活動してるとこも少しは見せろよって思わなくもなかった。アイドル感がない。1作目はぜんぜんそんな風には思わなかったけど、たぶん今やったらそこは気になるかもしれない。

by hanatareboy | 2018-11-03 22:56 | 感想 | Comments(0)

ろけらぶ -Location Love- 同棲×後輩

 この手のゲームはやっぱりキャラと声優との相性が5割以上なんだよ。あとは、立ち絵がそこそこで、残りは掛け合いとかBGMとかまぁ雰囲気。
 悪くはないけど、まぁ良くもないというか、キャラが普通だった。実際のところ、プレイ前の情報でヒロインは苦手なタイプの性格と設定だし、個人的な属性として、ロリ巨乳はデメリットしか感じないんで、スタートから厳しかったんですよこの作品は。
 ただ、やってみると予想してたよりは悪くはなかった。

 DL販売の普及で、低価格の分割ヒロイン単品で売っていくのは間違いじゃないと思ってるんだけども、こういうヒロイン3~4人準備して、順番に出していくのって失敗だと思う。ぶっちゃけ、1本目がヒットしない限りは緩やかに注目されずに販売本数下がっていくだけのようなそんな感じがする。もちろん宣伝や声優次第で途中で盛り返すことはあると思うけど、売れ行き次第では途中で停止になる可能性もあるから、1本目に力入れるのが当たり前なんじゃね。
 とかそのへんのことを考えると、完成させてからの分割、つまりSMEEちゃん方式が正解に近いと思うんですよ。まぁいうても、1人ずつのやるか?っていうとボクはNoですね。コンプリートパッケージあるなら迷わずにそっちにいきます。

 結論は、八千代はよってこと。

by hanatareboy | 2018-10-31 23:22 | 感想 | Comments(0)

アエリアル・ライフ

 まぁなんというか苦手なお話。
 くすはらさん枠だった。

 これまでの経験から、ゲーム内でVRやらARやらを表現するのって難しいんじゃねって思うわけ。それこそVR専用でやれば?って思う。いや、それが正しいかどうかも楽しいかどうかも分からん。あるかもしれんけど、やったことはない。たぶん希望はない。

 やっぱりネットゲームはおまけ程度であって、SNS系統の『CURE GIRL』と『すみれ』をボクの中では完成に近い形で受け入れてしまっているからじゃないだろうか。

by hanatareboy | 2018-10-16 21:59 | 感想 | Comments(0)

元No1落ち目風俗嬢『古儀城静(26)』に通い詰めた話。

 こういうの良い。
 いや、正直展開としてはわりかしよくある感じかもしれんけど、悪くなかった。
 プレイ後だから思うことなんだけど、会話シーンだけ男視点なのがたぶん良かった。なんというか、クドくなる傾向にある。
 だが、タイトルで想定してた内容とはかなり違ってた。オマケで作者もそれっぽいこと言ってたけど、まぁタイトルに釣られたら失敗する人もいるかもしれない。
 とりあえず、静さんの外見は最初のほうが好きです。

 今年は同人ゲームが当たりやでぇ。
 いや、正直分からん。だって気付かないの多いし、今までだって当たりの年はきっとあった。
 同人と商業そんなに分けて考えてないっていうか、低価格とかダウンロード販売とか、なんかそういう微妙な基準しかない。たぶん正式な基準でいうと流通の違いだと思うんだけど、まぁそんなに。

 上に書いたやつでいうと、やっぱ低価格というかマルチENDじゃないとこや総プレイ時間が短いのが同人ゲームっぽい印象。あとは声優というか収録そのものがプロとアマチュアみたいな。

 ぜんぜんってほどではなく本編と関係ないけど、引越しのバイトって使えないとそもそも2回目呼んでもらえないイメージあった。イメージだけ。

by hanatareboy | 2018-10-10 00:06 | 感想 | Comments(0)

堕落ロイヤル聖処女

・シナリオ:porori
・イラスト:ぎうにう
・声優:紫乃小文

 クリア後にみても何この布陣。最強すぎる。勝利しかない。
 作品紹介のまんまだし、このスタッフ構成でもう言うことないんで、みんな楽しんでねしか言えない。

 もっと悪堕ちするかと思ってたけど、そうでもなかったし、最初からそんなに聖女というわけでもなく。まぁそのへんわりかしどうでもいいっていうか、愛のお話だった。
 つまるところ、この絵と声で「お゛っ」っていうのが素晴らしく良いわけ。強気だの清楚だのビッチだのそういうのとは何かが違うんだよ。

by hanatareboy | 2018-09-08 00:37 | 感想 | Comments(0)

ライフログ





メモ帳

画像一覧