前向きに検討します。


by hanatareboy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

トリノライン
at 2017-07-11 23:55
ペット探索
at 2017-06-24 11:38
ソウルリスト
at 2017-06-17 10:41
いまさら属性
at 2017-06-10 14:19
闘技場
at 2017-06-07 23:17

カテゴリ

全体
ゲーム
アニメ
感想
StarCraft2
StarCraft
Diablo3
FreeJack
C9
アイギス
艦これ
Godius
KRITIKA
GIGANTOMAKHIA
FEZ
RedStone
リトルノア
ToS
TEG
PSO2
鉄鬼
タルタロス
S4L
Hawken
PoE
CLOSERS
クリップ
雑記

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラブリレーション

 『恋の話と』は、以前に感想書いたときにも言ったように、絶妙なバランスの上に存在していたのです。
 今回はそれはもうかなりの期待しなさで臨んだわけですが、それでもダメでしたね。
 なんかこう、ちゃうねんな。
 ぶっちゃけ、出落ち感あったっていうか。

 正直、シナリオとか展開としてはそんなに嫌いじゃなかった気がする。ただ、空気シナリオを想定してたからファンタジー要素がきて、ちょっとつらかったかな、くらい。

 べちゅにいうことねー。

 夏らしいゲームをしようと思ったけど、正直、『フレラバ』を定期的にプレイしてるせいで、意気込んで夏ゲーする必要なかった。
 ミニFDは、『同棲ラブラブル』やっぱ本編より落ちたなっていう感想から手を出していない。後日談について興味がなさすぎるっていうか。好きな作品こそ、もうちょっとだけ続くんじゃよは別にいらねーっていうか。

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-31 22:29 | 感想 | Comments(0)

ころげてSP

 これあかんやつや。
 3Dに魅力を感じないっていうか、モーション邪魔っていう思いが強いし、バイノーラルみたいな音声の振り分けのメリットも分からない。
 瞬間表示派としては、3Dのモーションはデメリットしかないんですよ。動いたから何?っていうのもあるけど、あの微妙に操作できないタイミングが強制オートモードと同じくらいにだめなんですよ。
 とりあえずエフェクトなしでおなしゃす。コンフィグでエフェクトなし選んでも頷いたり、身振りとかあるやん。ああいうのちょっといらっとする。クリックでエフェクトスキップとかやっても、なんかディレイあるし、なんかそういうのがだめなんすよ。

 あと、3Dはアゴの違和感をどうにかしてほしいわけよ。
 いや、違和感があったとしても、かわいければいいということをアルペジオで学んだのだけど、エロゲーでは違和感のほうが強いですね。

 ずっと思ってるけど、原画の絵が普通にかわいかったら、3D必要ないやろ、みたいな。
 今思うと、WAの3Dはかなり綺麗だった気がするけど、あれってPS3版か何かもあってPCのほうが移植みたいなもんだからだろうなーとか思うわけ。
 でも、何でカワタヒサシさんの絵そのまま使わないのムキー!みたいなことを当時言ったような気がする。

 小鳥は本人より、くーるびゅーちーさんな状態が好きなわけで、上のやつとコンボでなんかこれ違うな感ぱない。最後のほうのシーンでくーるびゅーちーだからって自分で言ってたきがするけど、あれはちゃうねんな。
 小鳥の場合は、あのどやっとした感じのあんまり異性っぽさを感じないときが、一番それっぽいなとボクは思うわけですよ。
 あと、このゲームはキャラの強さだけでいったら、佳奈子さんとあげはがツートップだから。

 あ、肝心のゲームについては、可もなく不可もなくっていうか、まぁこんなもんじゃねとしか。ころげては個人的には好きなんだけど、キャラよりかは、雰囲気と何かを飛ばすっていうあの感じが好きなんだよ。

 『ココロファンクションNEO』とか、PULLTOPLATTEのほうでFD出るけど、正直さして興味ない。前者はたぶんスルーするけど、プルトップラテなんだかんだいってかなり好きだからそっちのはやると思う。つーても、LATTEの作品はヒロインのキャラは好きだけど、イチャイチャが需要あるか?っていうとたぶんない。

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-28 21:44 | 感想 | Comments(0)

雨恋

 瑞希かわいいブヒ。
 やっぱりこうね、拗ねた表情とか視線逸らしてる顔とかが良いヒロインは良いんですよ。
 小倉結衣さんめっちゃ合ってる。『FlyableHeart』の結衣並に良キャラ。
 セリフに入ってない「ん」とかブレスがかなりはまってる。

 この作品の空気めっちゃ好き。やばい。
 この作品に限ったわけじゃなくて、Noesis作品はだいたい好きですね。
 しかしNoesisは実質これで最後か。
 このくらいのさっぱりつーか無駄ミステリー要素を排除した話ブランド少ないから残念。
 『CUREGIRL』好きなんだけど、どうしてNoesis作品はあんなに評価されないの。

 しかし、重要なことに気付かされてしまった。
 前から知ってたんだけど、濡れ透けってそんなに魅力を感じない。
 ていうか、Noesis作品はわりかしフェチズムにこだわってるらしいけど、そこまで魅力的に感じたことなかった。

 地の文がなんかところどころ、おや?って感じがしたけど、さして気になるレベルではなかった。
 好き嫌いでいうと、好きに入るんだけど、媒体としてはなんか違和感あるよね程度。

 油断してたら急につけ麺出てきた。からのー烈の店長特別出演。あと、たこ焼きの親父。

 BADで自分の作品だった妄想オチENDか、入水系の心中ENDがほしかったんだぁ。
 ほしかっただけで、あっても作品の雰囲気にはそんなにあってないと思う。

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-26 22:15 | 感想 | Comments(0)

アストラエアの白き永遠

 降ってる雪の演出が悪くない。
 でも完全に画面の下にくるまえ消えないっていうのは仕方ないか。

 攻略にロックかかってるやん。
 ヒロインがどんどんロリ化してくんだけど、また作品のテーマがロリコンへの目覚めかよって思った。
 執拗な幼稚園部ネタはこのためだったのだ。

 かなり久しぶりに新作で神村ひなさん聴いたような気がする。
 地味に『いろセカ』でも『星メモ』でも思ってたけど、声の印象にはあってて特にこれだってセリフがない割に、わりかしキャラは気に入ってる。
 でもこれだってポイントがない。謎。
 小鳥居夕花さん落葉みたいな役いいっすね。ふーりんがやってたような役。でもゲスいキャラのほうが好きですね。
 ていうか、ゆきゆきの中の人、カテゴリー5さんとミューズのリーダーさんでわりかし固定されててロリキャラつーかゆったりキャラがなんかこうボクの中ではしっくりこないですね。
 さすがのボクも雪ぱくぱく系のはらぺこキャラはだめですわ。ノーチャン。
 もっとこう能天気つーかぽわぽわしてるはらぺこがいいんすよ。
 まぁなんだかんだいって、白羽(母)が最強ヒロインだったな。

 あ?赤髪が今回は良かった?
 明日歩ディスてんのか?お?戦争すっか?

 よく考えたら、Favoriteの作品って『星空のメモリア』がわりかし良かった記憶くらいしかないんだけど、それすらもシナリオそんな良かったっけ?みたいなとこある。
 『いろとりどりのセカイ』にしても、正直良かったというよりかは真紅ルートしか記憶にないわけで。
 たぶんいくつかの決めるべきシーンが良かったというだけで、思い返してみると、雰囲気もそんなに好きではなかったきがするんだよね。
 まぁ今回だらっとしてた印象はある。雪については最初から言ってるやん?としか思えなかったのと、全員家族テーマかよみたいな。
 つーかよー、奇跡の解説とかいらない。まじいらない。その話で一体誰が得するのって思う程度には興味ない。
 あと、この手のゲームの戦闘シーンまじ苦手。

 いつまでも病弱キャラが天体観測してたらついていくとおもってんじゃねーぞ!オラァ!
 ていうか、たぶん、病弱キャラ苦手やねんな。
 いや、わりかしどっちでもいいけど、『恋がさくころ桜どき』の肥田くんの話はまぁどうしようもないよね仕方ないよねって思った気がするから、実は何か思うところがあるのかもしれない。

 まぁなんだかんだいってラスト付近の「世界は綺麗」にすべてもってかれた。
 あれだけで満足した。ヒロインなんていらんかったんや!

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-19 23:41 | 感想 | Comments(0)

ギャングスタアルカディア

 いまさらだけど、『ギャングスタ・リパブリカ』についてだとか、『猫撫ディストーション』の意味だとか、ちょっとそういうのが分かった気がした。
 しかし、いまさら作品そのものにメッセージ性は必要なのか。
 ストーリーはほしいけど、それ以上のものはあんまり受け取れない。受け取りたくない。
 つまり、どうでもいい。

 いや、考えてるからにはどうでもよくないんだけど、otherwiseや13cmの頃からのことを考えると、どうしてここまで極端にはしるのか。
 もはや考えるかどうかは好みであって、SF要素とか考えなくてもいいんじゃなかろうか。 
 参考程度にする方向性が分かるのは良いけど、国語の問題じゃねェんだよって話。

 つーか、『ギャングスタ・リパブリカ』でも思ったんだけど、方向性が変わったついでに、高二病が社二病になったーつーか、初めて彼女ができた男のうざさっていうか、なんかそういうの増えた。
 いや、違うな。以前の自己完結から伺えるある種きもさが良かったんだけど、共存というか、他人依存というか、自己の外部委託が増えて、個人的には微妙になったと、まぁそういうことだろう。

 まぁなんやろ。特に好きなキャラがいないのがギャングスタの致命的なとこだと思うわけよ。
 声抜きにしたら、がんばって希がましかなくらい。

 ていうか、どうして禊CV変更されてしもうたん。助手のほうが良かった。

 背景の青空がどぎつい。ころげてSPの青空で癒されてくる!
 と思ったけど、FDっぽいの連投はつれー。

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-09 00:02 | 感想 | Comments(0)

クロスクオリア

 正直、ちゃんとした(?)パッチ出るまで待とうかと思ってたんだけど、あまりにも、7月のこれだって作品がなかったので、最初にやってしまった。

 そもそも、最初のパッチすらそこまで必要性を感じなかった。
 笛さんの絵は大好きなわけですが、縦書きで、背景の透過度とかそのへんの設定もないノベルゲーなわけで、登場人物も少ないし立ち絵ですらないフェイスウィンドウの演出いるかー?ってくらいの気持ちだった。
 ていうか、縦書きは別にいいんだけど、バックログ何なの。上ホイールで進むになってて、下ホイールで戻るとか何なの。きがくるってしまう。

 で、何度も言ってるけど、完成度と満足度があんまり比例しないタイプの人間なので、なんか後半のおい視点切り替えどうなってんのみたいなのは、現時点では、さして気にならなかった。
 うそ。多少は気になります。でも別になくてもいいかな、くらい。

 まぁそうは言いつつも、ボリューム不足感はあったからシナリオは置いといて、テキスト的にはとても満足だった。『カタハネ』好きにはおすすめしたい作品ですね。

 『おわりのクオリア』は出るのか。出ない気がする。
 ていうか、個人的には、正直別にいらない。登場人物かえてくれるなら需要あると思うけど、人物が同じでボリューム増えても、正直あんまり魅力を感じないと思う。
 いや、出たら出たで楽しめるだろうけど、解決編とかフィナーレっぽい演出とかはこの作品には別にいらねーと思うわけよ。
 ケジメ的なやつとしてはあったほうがいいかなくらいには思う。それだけ。感動的なストーリーとかはあんまりいらない。

 ギンザさんのこのイケメンショタボイス、卓司様や!救世主様や!

 ていうか、U-Meだよ。
 いまだにYou☆Meの読み方がゆめだったのか、ゆーみーだったのか分からない。
 最初の頃にゆめって聞いた気がするけど、忘れた。

[PR]
by hanatareboy | 2014-08-02 00:16 | 感想 | Comments(0)

ライフログ




最新のコメント

特に病気もしておらず、元..
by hanatareboy at 23:53
元気ですか。
by にゅうさん at 20:22
いつでも変えれそうだった..
by hanatareboy at 21:28
お名前なんてーの!
by saito at 23:54
いつの間にそんなことに ..
by クリス at 16:57

メモ帳

画像一覧